COM CUPとは

COM CUPとは

伝えたい気持ちがある 伝える言葉がある

When you have something to say from your heart, you will have the language to communicate.

 

COM杯(COMmunicator’s Cup)は、コミュニケーション能力としての語学力育成と、異文化理解教育の場として、2001年 千葉県銚子市ではじまった小さなスピーチ大会です。

与えられたテーマに対して自分なりの意見をもってほしい、日本語での表現にとどまらず、世界中の同世代と対話する力を育んでほしいという願いを込めてつくった大会は、地元に暮らす多くの皆様からのご理解とご協力をいただきながら開催を重ねてまいりました。

これまで参加してくれたコンテスタントの皆さん、大会を支え続けてくださっている皆様に、改めまして心から御礼申し上げます。

 

いつの頃からか、国内さまざまな地域からお問合せをいただくようになりました、県内各地はもちろんのこと、都内から、遠くは宮城県、三重県、長崎県からの参加者もお迎えいたしました。

COM杯は、自分の意見を自由に語り、自分とは異なる意見に耳を傾け、認め合い、高め合えるグッド コミュニケーターたちが集う場であり、開催を通じて「地球のどこに生まれても、誰もが自分らしく生きる社会」を目指しています。

今年度のテーマは「resilience レジリエンス」。

英語、日本語、いずれか学習している言語での弁論を全国から募集いたします。

また「英語1分動画」は、昨年に引き続きフリースタイルで難しい制限はありません。
5文以上の英語があれば、子どもから大人まで、国籍も、居住地も不問です。
テーマに対して自由に表現してみてください。

積極的にICTを活用し、これまで以上に幅広い地域から参加していただける大会にしたいと
考えております。

真髄にテーマと向き合い紡がれた「英語・日本語弁論」、希望が詰まった楽しい「英語1分動画」
をどうぞお寄せください。お待ちしています。

英語・日本語暗唱部門 

2021年度、暗唱部門の募集はございません

基礎として暗唱部門では、各自が選んだ既存の⽂(物語や教科書など)から選び暗誦し発表します。
良⽂を丁寧に繰り返し練習し、明るく美しく正確に、表現⼒豊かで説得的な発表を目指します。

◎英語暗唱Ⅰ小学5年生~中学1年生対象
制限時間1分30秒
◎英語暗唱Ⅱ中学2年生~一般対象
制限時間4分
◎日本語暗唱日本語学習初期にある学生~一般対象
制限時間1分30秒

審査基準

Pronunciation 発音15
Stress , Intonation & rhythm 強勢・抑揚・リズム15
Fluency & Volume 流暢さ・声の大きさ15
Impression& Overall Delivery 表現力・話し方全般25
Memorization 暗誦量30
Total 合計100

英語・日本語弁論部門

発展となる弁論部門は、⼤会テーマに沿った各自の弁論を、英語、⽇本語いずれか⺟国語以外で発表します。「伝えたいこと」を明確にし、聞き手に分かりやすい表現、構成を考え、伝える⼒の育成を目指します。

◎英語弁論中学1年生~帰国子女・一般対象
制限時間2分~4分
◎⽇本語弁論学⽣~一般対象
制限時間2分~4分

◎審査基準 2021COM CUPは動画審査のため暗唱量は審査対象外とします。

英語弁論部門

Pronunciation, Intonation & Volume
発音・抑揚・声の大きさ
15
Grammar & Usage
文法・語法
10
Impression & Overall Fluency
表現力・話し方全般
15
Contents & Uniqueness
内容・独創性
25
Construction & Thematic Appreciation
構成・テーマ認識
25
Memorization
暗誦量
10
Total 合計100

日本語弁論部門

発音10
文法・語法10
語彙10
表現力・説得性20
内容・独創性20
構成・テーマ認識20
暗唱量10
合計100
ご注意事項

※各部門とも母国語以外のいずれかで発表してください。
※発表言語の指導者のご参加は不可といたします。
※各部門共、制限時間を超えると減点になりますが、制限時間に近い⽂章量での発表を目指しましょう。(各制限時間の3分の 2 を超えると好ましい。)

沿革

2001
My Key Word for the 21st Century 21世紀をひらく私のかぎ

GP 英語弁論 ⼤網達郎/千葉県立佐原⾼校1年⽣

2002
Myself 私自身

GP 英語弁論 岡田有加/清真学園高等学校3年生

2003
Borders 境界線

GP 英語弁論 室田陽⾹/銚⼦市⽴第四中学校2年生

2004
Future 未来

GP 英語弁論 伊藤晃⼀/銚⼦市⽴第⼆中学校3年⽣

2005
Discovery 発⾒

GP 英語弁論 ⻑ 真司/専修⼤学松⼾中学校教諭

2006
Culture 文化

GP 英語弁論 宮内敬太/銚⼦市⽴第六中学校3年⽣

2007
Encounter 邂逅

GP 英語弁論 本谷育美/銚⼦市⽴第⼀中学校3年⽣

2008
Courage 勇気

GP 日本語弁論 趙 偉偉/中国出⾝・千葉科学⼤学1年⽣

2009
Change チェンジ

GP 英語弁論 名智 理佳/千葉県立匝瑳⾼校2年⽣

2010
Peace 平和

GP 日本語弁論 ショウ コウ/中国出⾝・千葉科学⼤学留学生別科生

2011
Ties 縁

GP 日本語弁論 シディキ タンヴィル バルニー/パキスタン出⾝

2012
Tomorrow あした

GP 英語弁論 嶋田 亮太/千葉県⽴匝瑳⾼等学校1年⽣

2013
Promise 約束

GP 日本語弁論 ジャヤラタゲ チャーミン ハンシ ラナウィーラ/スリランカ出⾝・千葉科学⼤学留学⽣別科生

2014
Imagine 想像

GP 日本語弁論 Mr.Dane Brinkmeier/アメリカ出⾝

2015
Home ホーム

GP 日本語弁論 Ms.Amber Hermanson/アメリカ出⾝・銚⼦市ALT

2016
Gap 隔たり

GP 英語弁論 宮内美⾥/銚⼦市⽴第五中学校2年⽣

2017
Crossroad クロスロード

GP 英語弁論 ⽯⽑南帆/神栖市⽴波崎第四中学校3年⽣

2018
Identity アイデンティティ

GP 英語弁論 丁⼦みのり/銚⼦市⽴第⼆中学校2年⽣

2019
Gift ギフト

GP 英語弁論 ⻑島遼平/⼀般

2020
Door to the next stage

GP 英語弁論  田中優希/千葉県立東金高等学校2年

日本語弁論 コシモフ イスロムベク/千葉科学大学危機管理学部1年

◎2001COM杯から2019COM杯の参加者 述べ953名

過去の大会について

 

前の記事

更新情報

次の記事

応募する